予告編とは | 株式会社ココロドル | 映像制作
Yuta Mitsumoto

予告編とは

はじめまして。
予告編ディレクターの密本です。

今回から、予告編に関して情報発信をしていこうと思います。

私はロサンゼルスにある映画予告編制作会社にて、
主に演出面での修行を積んだ後、映像ディレクターとして独立しました。

米国では、かなりの予告編に関してのコンテンツがありますが、
日本ではほぼ皆無。

比較的閉鎖的なこの業界を盛り上げていこうと
私の経験を、そして予告編に関してのお話もこのブログ内でできたらと思ってます。

 

さて、そろそろ本題ですが
予告編は、もちろん本編の宣伝のためにあります。

ご存知の通り、本編のバラバラになった素材の集まりです。

 

予告編では、素材である本編のシーンを、
本編のストーリーの流れとはまったく関係のないところで使います。

 

ですから、予告編のあのシーンが素敵だと思って本編をみたら、予想と全然違う場所にあったということは日常茶飯事です。

 

つまり、ここが「売り」というシーンがあって、それを盛り上げていくために、徹底的に素材として本編を生かすのです。

 

それが、「予告編」です。

 

 

SHARE: